べっ甲細工、象嵌細工など「埋め込む」技術のご紹介

革生地への和風モダンな革細工・加工 山菱 TOP > 埋め込む

財布や鞄等にべっ甲細工を施すことでモダンな美しさ・豪華さを可能に

べっ甲細工などを埋め込む象嵌技法:革に伝統の美しさ・豪華さを
象嵌職人 石原慎由

埋め込む技術、『象嵌技法』について

べっ甲細工や貝など様々なものを革に埋め込むことで、素材に豪華さを付加する伝統的な技法です。

素材に直接埋め込むため、はがれにくいというメリットがあります。私どもでは、一つの素材に異素材を埋め込む『象嵌(ぞうがん)技法』を独自に編み出しました。私どもの象嵌は革に用いる加工技術で、研磨した石を埋め込んだ珍石象嵌は代表的な加工です。革に埋め込むべっ甲細工や貝などの細工も、ひとつひとつ職人の手作業で作っています。

商品活用例
鞄、財布、草履、高級レストランのメニュー 等

べっ甲細工・象嵌細工商品活用例

べっ甲細工・象嵌細工商品活用例

べっ甲細工・象嵌技法を用いた細工事例

細工を施したパーツを革素材へ貼り付けた上に、エナメル樹脂で表面を覆う細工

べっ甲細工などを埋め込む象嵌技法:革に伝統の美しさ・豪華さを

細工について
色々な細工を施したパーツを革にのせ表現できる加工です。この細工方法であれば、真鍮製のオーナメントや真珠等の加工が可能です。
使用用途
主に革素材に用いる細工でベルトや鞄、手帳などに活用できます。

埋め込む素材に合わせて革を切り抜き、石や貝などを埋め込む細工

べっ甲細工などを埋め込む象嵌技法:革に伝統の美しさ・豪華さを

細工について
厚手の物や凹凸面の素材でも革に埋め込むことで、強度を持たせ、貼りあわせるだけでは実現できない高級感を出せる加工です。
使用用途
革素材に用いる細工でインテリア小物等に活用できます。

シャープな線で柄を表現できる細工

べっ甲細工などを埋め込む象嵌技法:革に伝統の美しさ・豪華さを

細工について
彫刻刀を用いて素材に一定の深さと幅で図柄を彫り、こに色や箔を埋め込み、最後にエナメル樹脂で仕上げ繊細な加工が可能です。
使用用途
主に革素材に用いる細工で、インテリアや革小物に活用できます。

職人より一言:象嵌職人 石原慎由

職人より一言:象嵌職人 石原慎由

漆器などの伝統工芸の技術・技法を現代工芸の中に活かせるように心がけ、バッグなど和を活かした高級感のあるモノ作りに専心しています。

革へのべっ甲細工の埋め込みなど、美しい装飾加工・細工を施します

「埋め込む」技術・象嵌技法についてご紹介しました。
山菱には、大正の創業以来、和装小物製作で培った革加工・生地細工の技術があります。
現在ではその枠を超え、伝統技術を新しい形で活かしています。和柄はもちろん、モダンなデザイン、インテリアなどへの装飾加工が可能です。
美しい細工技術を生かした商品開発などお考えの場合は、ぜひご相談下さい。職人が心を込めて細工を施します。