筒描き技法による「描く」技術のご紹介

革生地への和風モダンな革細工・加工 山菱 TOP > 描く

絵模様を鞄や小物に描くことで繊細な商品を形に

筒描き技法:職人の手作業による繊細な絵模様
筒描き職人 宇高律子

描く技術、『筒描き技法』について

手描きの線で絵模様を表現する『筒描き技法』で、様々なデザインを表現することができます。シャープな線を用いて絵模様を描き、繊細なデザインも実現します。
この加工方法を応用してロウケツ染加工も可能です。ロウケツ染とは、溶かしたロウで絵模様を描くことでロウのついた部分だけ染まらない性質を利用した染めのことをいいます。自然な風合いが表現できる加工・細工技術のひとつです。

商品活用例
草履、鞄、財布、眼鏡ケース 等

筒描き技術商品活用例

筒描き技術商品活用例

筒描き技法を用いた細工事例

染の原点を革に表現した細工

筒描き技法:職人の手作業による繊細な絵模様

細工について
糊を筒書きで柄を表現し革を染め、後に糊を落として仕上げる細工です。
使用用途
革以外に帆布などに適した細工で、バック、財布や小物に活用できます。

ロウケツ染の良さを革に表現した細工

筒描き技法:職人の手作業による繊細な絵模様

細工について
ロウケツ染の技法を革に用いた洒落た細工です。
使用用途
革以外に帆布などに適した細工でバック、財布や小物に活用できます。

職人より一言:筒描き職人 宇高律子

職人より一言:筒描き職人 宇高律子

時間と手間をかけながらひとつひとつ大切に作っています。作り手の想いが直接商品に表れるので、丁寧に温かみのあるものを作るためにも、楽しみながら仕事をしています。

筒描き加工で繊細なデザインまで表現します

「描く」技術・筒描き技法についてご紹介しました。
山菱には、大正の創業以来、和装小物製作で培った革加工・生地細工の技術があります。
現在ではその枠を超え、伝統技術を新しい形で活かしています。和柄はもちろん、モダンなデザイン、インテリアなどへの装飾加工が可能です。
美しい細工技術を生かした商品開発などお考えの場合は、ぜひご相談下さい。職人が心を込めて細工を施します。