刺繍加工-ビーズ刺繍で光沢を与え豪華絢爛さを演出

革生地への和風モダンな革細工・加工 山菱 TOP > 刺繍

ビーズ玉などを縫いつけることで鞄やポーチを豪華な表情に

刺繍加工:ビーズ玉などを縫いつけ豪華な表情に
刺繍職人 前畑嘉代

『刺繍技法』について

『刺繍技法』とは、生地にビーズ玉などを縫いつけ、絵模様を表現する刺繍加工です。光沢を出したい場合などには最適で、豪華な仕上がりになります。素材にもよりますが、ビーズ玉以外のものを刺繍することも可能です。

商品活用例
鞄、インテリア小物、ポーチ 等

商品活用例

商品活用例

刺繍事例

ビーズ玉の光沢が高級感を出す細工

ビーズ玉の光沢が高級感を出す細工

細工について
独特の裏刺しの技法を使って模様を表現しています。
使用用途
主に生地素材に使用する加工技術で、キモノの布や柄生地に花を添える細工が可能です。

職人より一言:刺繍職人 前畑嘉代

職人より一言:刺繍職人 前畑嘉代

ビーズ刺繍加工は一玉ずつ等しく刺さないと直線を表現できなかったり、一玉が外れると連鎖的に他のビーズまで外れたりするので非常に手間暇の掛かる手作業です。刺繍糸や一針一針に気を配りながら仕事をすすめています。

豪華な印象を演出できる刺繍加工を行います

「刺繍」の技術についてご紹介しました。
山菱には、大正の創業以来、和装小物製作で培った革加工・生地細工の技術があります。
現在ではその枠を超え、伝統技術を新しい形で活かしています。和柄はもちろん、モダンなデザイン、インテリアなどへの装飾加工が可能です。
美しい細工技術を生かした商品開発などお考えの場合は、ぜひご相談下さい。職人が心を込めて細工を施します。