山菱のあゆみ - 山菱の歴史をご紹介

革生地への和風モダンな革細工・加工 山菱 TOP > 山菱のあゆみ

歴史の中で培った生地・革加工技術があります

山菱の現在の生地・革加工技術があるのは、草履の製造卸としての創業以来、革加工とともに歩んできたからです。その中で培った生地・革加工の技術とノウハウを継承し、現在もよりよい商品の製造に力を注いでいます。そんな山菱の歴史を紹介します。

山菱の歴史

草履の製造卸からの創業

大正13年に初代片山清一が大阪江戸堀でぞうりの製造卸を開業し、昭和34年に革の加工を研究する浅尾虚遊氏と専属関係を結びました。翌年35年には防水性の高い接着製法で特許取得し"エスエルぞうり"ブランドを発表します。その後特許製法を広く公開し、業界を広く発展させるきっかけを作りました。

草履の製造卸からの創業

草履の製造卸からの創業

1970年、万博イベントの一環として、大阪の特産物を集めたタイムカプセルが作られ、その中に弊社のぞうりが入れられました。
大阪城の敷地内に埋められており、大阪の伝統を伝えるものとして選ばれた事を嬉しく思います。

昭和45年にはバッグの製造卸も始め、現在に至ります。

生地・革加工技術の応用

生地・革加工技術の応用

生地や革の細工、装飾などの加工技術は、和装小物の製造だけでなく、幅広い業界・用途に応用が可能です。細やかで美しい仕上がりは、『和』に限らずモダンなデザインともマッチし、高級感をただよわせます。

現在では、ワインリストの表装をはじめとして、革製品など様々な商品に活用していただいています。今後は一層現代的感覚を取り入れ、より多くの方々に伝統美を感じ取っていただけるように商品を創り続けていきたいと思います。

革や生地の細工・加工、縫製や和装小物の製作については、なんでもお気軽にお問い合わせください。

こだわりのデザインを活かす生地細工・革加工で
オリジナルの素材をつくります

TEL:06-6641-1084

※インターネット上での販売は行っておりません。

電話受付時間:9:00〜17:30 (定休日:日祝及び第2,3,4土曜日)
電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら