蒔絵技法による「貼る」技術のご紹介

革生地への和風モダンな革細工・加工 山菱 TOP > 貼る

豪華な装飾が可能な蒔絵技法で高級感のある商品を

蒔絵技法:高級バッグを豪華に仕上げます
蒔絵職人 大橋洋治

貼る技術『蒔絵技法』について

『蒔絵技法』とは、漆で絵や文様を描き、その上に金銀箔や貝を定着させる技法をいいます。ただし、弊社では漆のかわりに独自の素材を用いて加工しています。革や布地の上に金銀箔や貝、べっ甲、金属製飾りなどを貼り付け、蒔絵のような高級感を与えることができます。やわらかいもの、薄いものや細かいものでも加工できます。

商品活用例
高級レストランメニューや本の表紙、鞄 等

商品活用例

高級バッグ

蒔絵技法を用いた細工事例

丁寧に加工した貝を革に貼り付け蘭の花を表現した細工

蒔絵技法:豪華な装飾で蒔絵のような高級感

細工について
一枚一枚貝をカットし面取りしたものを、箔との併用で高級感を出す事が可能な加工です。
使用用途

革や生地にも使える加工技術で、多様な物に細工できます。


丁寧に加工した本べっ甲を革に貼り付け蜻蛉を表現した細工

蒔絵技法:豪華な装飾で蒔絵のような高級感

細工について
蜻蛉の各パーツをカットし、面取りしたものを貼り付け、本物の良さを引き立たせる事が可能な加工です。
使用用途
革や生地にも使える加工技術で、多様な物に細工できます。

職人より一言:蒔絵職人 大橋洋治

職人より一言:蒔絵職人 大橋洋治

伝統工芸の技法を守りつつ、現代のニーズに合う製品を追い求めて、新たなことに挑戦しています。

蒔絵技法でボリューム感と高級感を実現します

「貼る」技術・蒔絵技法についてご紹介しました。
山菱には、大正の創業以来、和装小物製作で培った革加工・生地細工の技術があります。
現在ではその枠を超え、伝統技術を新しい形で活かしています。和柄はもちろん、モダンなデザイン、インテリアなどへの装飾加工が可能です。
美しい細工技術を生かした商品開発などお考えの場合は、ぜひご相談下さい。職人が心を込めて細工を施します。